業務案内

HOME > 業務案内

外部CFO、コントローラー

優秀なCFO(最高財務責任者)は常に不足しています。このポジションは単に経理財務の知識・経験があるだけでは不足です。事業戦略を理解して数値目標との整合性を保ちつつ事業部門をある時はサポートし、ある時は剛腕をふるってブレーキをかけられる社内コミュニケーション能力が必要です。

加えて、外資系企業のCFOになると本社との間での英語のコミュニケーションが必要でそれも単なる英会話能力ではなく、グローバル企業を運営できる十分な知識・経験・本社との交渉能力が必要です。ベンチャー企業などで経験豊かなCFO不在のまま急成長したため無理な拡大政策で行き詰ったり、外資系企業の日本法人で数か月CFOが不在だったりしたため見る影もなく劣化してしまった残念な例をよく見かけてきました。

CFO (最高財務責任者)やコントローラー(財務経理部長)がいない、またはやや経験不足である企業で一定期間外部CFOまたはコントローラーとして外資系一流企業やベンチャー企業のCFO経験者が支援します。

例えば以下のようなケースでお役に立てます。

  • 外資系企業の日本法人などでコントローラー、CFOが突然退職してしまったが後任がなかなか採用できないので後任が入るまで支援してほしい
  • ベンチャー企業で上場を目指しているがよいCFOが採用できない。または、やや候補者が経験不足なので側面から支援してほしい
TOP