ブログ

HOME > ブログ > 企業経営での留意点

企業経営での留意点 一覧

2021.07.21
1.大きく変わったセブン&アイの中期事業計画   突然のFTC(米連邦取引委員会)の待ったにより遅れていたセブン&アイのSpeedway買収も終わり、中期経営計画が7月に発表されました。目を通したところか...
2021.06.23
1.株主総会の季節がやってきました  今年ある企業の社外取締役に就任することになったので久しぶりに上場企業の株主総会に出席します。すごく古い話ですが所詮昭和の人間なのでまだまだ株主総会では総会屋のイ...
2021.06.09
1.新コーポレートガバナンスコードの改訂  少し前になりますが4月6日に新コーポレートガバナンスによる提言が金融庁により公表されました。基本的にはこのラインに沿って東京証券取引所で新コーポレートガバ...
2021.05.26
1.コロナ禍で苦しむ百貨店 コロナ禍で苦しむ典型的業態として百貨店があります。三越伊勢丹の2021年3月期の決算を見ると以下です 売上8160億(前期比マイナス27%) 営業損益 -209億 最終損益 -410億 ...
2021.05.12
1.スシロー最高益達成  コロナ禍で苦しい業態の一つに外食産業があります。しかし、コロナ禍で2021年9月期決算の上半期、最高益を回転すしのスシロー(現FOOD&LIFE COMPANY)が達成しました。 結果は、 ...
2021.04.28
1.トールの損切り処理  1日のロイタ―の記事の引用ですが「日本郵政は21日、豪州流通子会社トール・ホールディングスのエクスプレス(国内貨物輸送等)事業を現地の投資ファンドに約7億円で売却すると発表...
2021.04.14
1.セブン&アイ決算概観  東京では3月22日に緊急事態宣言が解除されたにもかかわらず、4月12日から蔓延防止措置が発令され逆戻りしたように感じます。ただ、昨年の緊急事態宣言が発令された同時期と比べると、夜...
2021.03.31
1. コロナ禍の減損と繰延税金の取り崩し  1 2月決算企業の有価証券報告書の提出が始まりほぼ本日で出そろいました。一部コロナ禍で大きく業績にマイナスの影響を受けた企業の提出も行われています。ただでさえ...
2021.03.17
1.東証の「事業計画及び成長可能性に関する事項の開示について」  2月15日東証よりグロース市場における「事業計画及び成長可能性に関する事項の開示について」が発表されました。これは、グロース市場における...
2021.03.01
1 JTBの苦境 JTBが先日資本金を1億円(現状2304百万)に減資するという発表が新聞紙上をにぎわせました。その前にも、昨年11月に発表された今年上半期の決算概要がコロナ禍で大幅赤字で、以下のように苦境が...
TOP